一般社団法人 日本映画テレビ技術協会
北海道支部主催の第26回北海道映像コンクール
ミルカスタッフが携わった作品が最優秀賞となる
北海道知事賞などを受け、先日、授賞式が行われました。

 

  • 長編部門 北海道知事賞 編集賞 優秀賞
    HTBノンフィクション
    たづ鳴きの里~タンチョウを呼ぶ農民たちの1500日~

 

  • 企画・短編部門 優秀賞
    新型コロナ終息を願い全国一斉にサプライズ花火
    (イチオシニュース内のカメラマンスケッチ)

 

    受賞者コメント

 

 

小山康範カメラマン(たづ鳴きの里 撮影)
『取材スタッフ、制作スタッフ、現地関係者のご協力で
賞を頂く事が出来ました。ありがとうございました。』

 

 

 

 

 

 

上田佑樹ED(たづ鳴きの里 編集)
『素材が膨大で編集は大変でしたが、
素晴らしいカットも山ほどあり、良い意味で苦しんだ
作品です。スタッフ全員の力で良い物が作れました。』