HTB開局50周年ドラマ「チャンネルはそのまま!」

mirucaスタッフも制作に携わったHTB開局50周年ドラマ『チャンネルはそのまま』が、
日本民間放送連盟賞(番組部門テレビドラマ番組)を受賞しました。
制作に関わったmirucaスタッフのコメントです。

 


 

「本物を忠実に再現したドラマ撮影は、緊張と発見の連続でした。
2カ月の乗り越えられたのは監督やスタッフを信じてこられたから。
振り返ると“楽しかった”。そんな風に感じられるのは、出来上がった作品が好きだからですね。」
(制作・宍戸友貴子)

 


 

「“東京ではなく北海道で”、と、これまで培ってきた技術が栄誉ある賞をいただき、本当に誇りに思います。
しかし、この結果は集大成ではなく、新たなスタートだという気持ちでまた精進していきます。
それがドラマ作りへのミルカスタッフのプライドだからです。」
(映像部・三戸史雄)

 


 

「今回、録音を担当させていただきましたが、幸いなことに録音部としては、私以下オール北海道スタッフで携わらせていただきました。これもHTBとmirucaが長年テレビドラマ制作を、形を変えながらもなんとか続けてきたからだと感じております。
苦難の中でもその情熱を失わずにいた先輩諸氏の熱を間近で受け続けてきたおかげで幸い時期を得て、このような過分な栄誉に浴しました。感謝の念に堪えません。」
(映像部・松澤聡)