時計台やテレビ塔にも隣接した札幌中心部の一角を、新しい「街の顔」として作り直そうという札幌創世1.1.1区(さんく)北1西1地区の再開発は、市民の夢を乗せた都市計画です。mirucaはこのほど着工した再開発工事のプロセスを後世に残すため、記録映像の撮影を開始しました。計画によると、公共施設であるホールや図書館、アートセンターからなる市民交流複合施設や公共駐輪場に加え、民間施設であるオフィス、駐車場などが整備されます。また、建物外周部に広場や緑化空間が配置され、ゆとりやうるおいも演出されます。この一画にHTBの本社新社屋も建設されます。竣工のあかつきには、mirucaも根拠地をHTBの新社屋内に移すことが決まっています。

参照: 札幌市ホームページ

http://www.city.sapporo.jp/toshi/saikaihatsu/redevelopment/jigyo/chuo/consult/n1e1.html