ミルカスタッフが撮影や編集で参加した3つの作品が、
テレビ朝日のドキュメンタリー番組「テレメンタリー」の
年間最優秀番組と優秀番組賞を受賞しました。
テレメンタリーは1992年にスタートしたテレビ朝日
系列の全国24局が競作するドキュメンタリー番組で、
週替わりで製作を担当し、地域性を重視した独自の
観点からの社会派ドキュメンタリー作品を毎週30分
放送しています。
毎年4月に1年間の作品を対象とした表彰制度があり、
最優秀作品はアンコール放送されます。2020年度は
HTB制作番組が最高賞の最優秀賞及び優秀賞2作品
受賞という、HTBでは初めての快挙となりました。

 

年間最優秀賞

■「おっぱい2つとってみた」
撮影:平間理彩 編集:山田裕加


写真左・撮影 平間  写真右・編集 山田

 

年間優秀賞

■「介護崩壊 ~救えなかったクラスター~」
撮影:圖司祐介 音声:佐藤駿 編集:菊地珠未


写真右・撮影 圖司

 

■「ポネオハウ ーアイヌの私ー」
撮影:道下学 音声:佐藤駿 編集:馬場亮介

 

今回のテレメンタリー2020年度最優秀賞受賞を受けて、
テレメンタリー2020
「おっぱい2つとってみた~46歳両側乳がん~」が、
5月6日(木)午後2時20分からアンコール放送されます。
(テレビ朝日は5月2日(日)午前4時30分から、ほか日時違い全国放送)